2021.05.20

3分でわかる映像ミニ知識Q&A
<配信編>2、インターネット回線の話

配信をしようとする際にまず考えなくてはならないのが
会場のインターネット回線に関してです。

①そもそもインターネットの回線があるのか?
②それは有線LAN?
③スピードは足りてる?

まずはこの3つをチェックしましょう。

①ホールや劇場にネット回線があるのかどうか?を確認します。
最近の配信ニーズの増加で、回線を増強、整備した会場も多いです。
ですので、最近ネット配信をやったことはありますか?
と聞いて、よくやっているという回答であれば第一段階はクリアかと。

屋外やネット回線がない場合でも配信できる方法はいくつかあります。
専門的になるので具体的にはまたの機会に致しますが、
それなりのコストがかかりますし、知識も必要なのでプロに任せた方が良いと思います。
ちなみに私は気が小さいので正直やりたくないですw

②ネット回線はあっても、それがホールから遠く離れた事務所内にしかない場合
ケーブルを延長するか、Wi-Fiで繋ぐかということになります。
しかし、Wi-Fiはリスクが大きすぎます。
特に有料配信の場合、万が一落ちて復旧できなかったりしたら
チケット代金の払い戻しなどとんでもない面倒な手続きと損害が発生します。
ですので基本は有線でのLAN接続が大前提となります。

これは私の体験した話ですが、ある行政で運営している会場で、
事務所にしかない LAN回線を貸していただけないかとお願いに行ったら、
会場の責任者と名乗るご年配の方が
「インターネットを貸すなんてとんでもない!
お前たち何かうちのインターネットで悪いことをしようとしてるんじゃないのか?
ダメだダメだ!なんかあったらどうすんだ!」
と追い返された事もありますw
別にシステムに侵入させてくれと言っているわけではないのですが…
しかもホールの中は携帯の電波やWi-Fiさえも入らずお手上げだったことがあります。

③最後は回線のスピードです。
回線速度をわかりやすさだけで言うならばデータが通る道のようなものです。
それが車一台がやっと通れるような道か3車線もあるような幹線道路なのか?
をイメージしていただければ良いかもしれません。
そして回線速度には上りと下りがあります。データを受ける(ダウンロードなど)が下り、送り出すのが(アップロードなど)は上りです。
配信の場合は基本的に上りの回線速度が重要です。
(Zoomなど両方の回線速度が必要なものもあります)
これは「インターネット回線速度測定」などと検索すれば
無料で診断できるサイトが多数あるので、いくつか計測して比較してみると良いです。
画像にも上げましたがUSENさんは大変見易く分かり易いです。
それぞれプラットフォームで推奨の値がありますのでチェックしてみて
それ以上であれば問題はないです。

よくあるトラブルは、「ああ、うちは光だから大丈夫よ」です。
私の経験上、あまり大丈夫だったことがないですw
実際計測してみると全くお話にならない場合も多々あります。
要は光回線と言ってもファミリープランなどいくつか種類があってピンキリだということです。
しかも、配信などを意識していない限り、上りを太くする必要ってあまりないので
下りは悪くないけど、配信に重要な上りが弱いって事も多いです。
回線速度が足りないと全く配信できないというわけではありませんが
当然、画質や音質などが悪くなったり、色々が不安定になり、最悪の場合は落ちます。
プラットフォームによっては事前にテストがあり、推奨スピードを満たしていないと
契約さえしてもらえないところもありますので回線速度には気を付けましょう。

それと最後に専有回線か共有回線か?も忘れずに確認してください。
それなりの回線であっても、他と共同で使っている場合、
時間帯によっては渋滞して車が流れなくなってしまうことがあるということです。
逆に占有で貸切ならば、1車線でもスイスイ通れる事もあります。