2021.05.30

3分でわかる映像ミニ知識Q&A
<編集・仕上げ編>DVD・Blu-rayを作りたい方へ

配信がこれだけ身近になってもやはりDVD、Blu-rayとして形に残したいと思う方は多いです。
販売したり、記念に配ったり。
でも、一体いくらするの?どうやって作るの?とお悩みの方向けの記事です。

まず、一番知っておいていただきたいのが
DVDは画質・音質としては良くないですよ!ということ。
これ結構勘違いされている方が多いのですが、すごい乱暴な言い方をしますと、
DVDはHD(ハイビジョン)ではなく、SDです。Blu-rayでないとHDは表現できません。
作るにあたっては、値段はBlu-rayの方が高くはなりますが、そこまで大きな差はないと言えます。

DVDを作ろうと思った時に決めなくてはならないこと
何枚くらい作るのか? 
メディアは何を使う?
 これはDVDのお皿です。国産のものあれば海外製もあります。信頼度とコストのバランスですね。
 後は盤面印刷に強い・キレイとか、色々あります。
盤面印刷をどうするか?
 DVDのお皿にタイトルや写真などを印刷するかどうか。
ケースをどうするか?
 不織布、紙、透明のプラスティックケース、販売では一番一般的に見るトールケースなどです。
 トールケースにするとジャケットの印刷にも費用がかかります。
 売り物としては紙や不織布ではちょっと。。。
 という方にお勧めは、透明のプラケースに盤面印刷です。
 これだとジャケット印刷は不要ですし、ケース代も安価でコスパとしてはいいと思います。
包装をどうするか?
 売り物ですとビニールでのキャラメルパッケージが一般的でしょうか。
⑥後は主に販売用の場合ですが、DolbyやBlu-rayといったロゴなどの表記や
 音楽著作権の処理に関する表記も厳密には必要になりますので、
 その辺は業者さんに問い合わせていただく方が良いかと思います。

後ひとつ、DVD制作にあたって避けては通れないのがマスターです。
実は一番金額に差が出る所、
費用がかかるのがこのマスター(原盤)を作ることです。

オーサリングと言われますが、DVDの原盤を作ることと考えていただくのが良いかと。
どんな映像をどんな風に収めて、どんな命令をするとどんな動きをするか?
メニュー画面やチャプター分けなども設定できます。

これが一枚あれば、後はそれをコピーして量産するのは大した金額ではないのです。
ハッキリした金額は日々変わっていくので、ご自身でご確認いただきたいですが、
オーサリングは収録時間にもよりますがおおよそ5万〜8万円ぐらいが相場でしょうか。
で、コピーは1枚高くても2〜300円ぐらいなものです。
その他③〜⑤で仕様を入れても500円前後と思っていただいて良いかと思います。
分かりやすさ重視で本当に大雑把に説明しますと
<50枚作る場合>
オーサリング50,000円として、DVDが500円×50枚で25,000円、合計が75,000円となり
一枚あたりの単価はおおよそ2,500円となります。
う〜ん2,500円以上で売って売れるかなあ?と悩むところですね。

<300枚作る場合>
オーサリングに50,000円として、DVDが500円×300枚で150,000円、合計が200,000円となり
一枚あたりの単価はおおよそ666円となります。

さらに1,000枚というような単位になってくればコピーではなく、プレスで…

話を元に戻して、最後に重要なポイント注意点です。
⑦DVDかBlu-rayか?両方作るか?
 こちら、「いろんな方の事情に合わせて両方欲しいわね」と言われる方が多いのですが  
 オーサリング費用がそれぞれ別にかかるのです。
 単純にDVD、Blu-ray両方を作るとオーサリング費用は2倍です。

あと、皆さん見落としがちなのが、
サイトなどで調べていると、よくメチャクチャ安い!という所がありますが
よ〜く見ると「マスター支給のこと」と条件に書いてあります。
つまり、「オーサリングは自分でやれよ!コピーだけはしてあげるけど」ってことです。
先ほどの50枚の例で言えば、「DVD50枚で25,000円!」ってサイトに載ってるわけです。
わ〜安いわ!一枚500円じゃない!と飛びつくと、マスター送ってくださいと言われて
「え?マスターってなんですか?」となって終わります。

オーサリングはパソコンに明るい方なら自分でもできます。
ソフト自体も1万円ぐらいからの値段でそこそこ使えるものが売っています。

このように一口にDVDを作ると言っても色々な方法と
お値段に違いがありますので、目的とご予算に応じて
最適な方法をご提示いたしますのでお気軽に相談ください。
2021.05.20

3分でわかる映像ミニ知識Q&A
<配信編>2、インターネット回線の話

配信をしようとする際にまず考えなくてはならないのが
会場のインターネット回線に関してです。

①そもそもインターネットの回線があるのか?
②それは有線LAN?
③スピードは足りてる?

まずはこの3つをチェックしましょう。

①ホールや劇場にネット回線があるのかどうか?を確認します。
最近の配信ニーズの増加で、回線を増強、整備した会場も多いです。
ですので、最近ネット配信をやったことはありますか?
と聞いて、よくやっているという回答であれば第一段階はクリアかと。

屋外やネット回線がない場合でも配信できる方法はいくつかあります。
専門的になるので具体的にはまたの機会に致しますが、
それなりのコストがかかりますし、知識も必要なのでプロに任せた方が良いと思います。
ちなみに私は気が小さいので正直やりたくないですw

②ネット回線はあっても、それがホールから遠く離れた事務所内にしかない場合
ケーブルを延長するか、Wi-Fiで繋ぐかということになります。
しかし、Wi-Fiはリスクが大きすぎます。
特に有料配信の場合、万が一落ちて復旧できなかったりしたら
チケット代金の払い戻しなどとんでもない面倒な手続きと損害が発生します。
ですので基本は有線でのLAN接続が大前提となります。

これは私の体験した話ですが、ある行政で運営している会場で、
事務所にしかない LAN回線を貸していただけないかとお願いに行ったら、
会場の責任者と名乗るご年配の方が
「インターネットを貸すなんてとんでもない!
お前たち何かうちのインターネットで悪いことをしようとしてるんじゃないのか?
ダメだダメだ!なんかあったらどうすんだ!」
と追い返された事もありますw
別にシステムに侵入させてくれと言っているわけではないのですが…
しかもホールの中は携帯の電波やWi-Fiさえも入らずお手上げだったことがあります。

③最後は回線のスピードです。
回線速度をわかりやすさだけで言うならばデータが通る道のようなものです。
それが車一台がやっと通れるような道か3車線もあるような幹線道路なのか?
をイメージしていただければ良いかもしれません。
そして回線速度には上りと下りがあります。データを受ける(ダウンロードなど)が下り、送り出すのが(アップロードなど)は上りです。
配信の場合は基本的に上りの回線速度が重要です。
(Zoomなど両方の回線速度が必要なものもあります)
これは「インターネット回線速度測定」などと検索すれば
無料で診断できるサイトが多数あるので、いくつか計測して比較してみると良いです。
画像にも上げましたがUSENさんは大変見易く分かり易いです。
それぞれプラットフォームで推奨の値がありますのでチェックしてみて
それ以上であれば問題はないです。

よくあるトラブルは、「ああ、うちは光だから大丈夫よ」です。
私の経験上、あまり大丈夫だったことがないですw
実際計測してみると全くお話にならない場合も多々あります。
要は光回線と言ってもファミリープランなどいくつか種類があってピンキリだということです。
しかも、配信などを意識していない限り、上りを太くする必要ってあまりないので
下りは悪くないけど、配信に重要な上りが弱いって事も多いです。
回線速度が足りないと全く配信できないというわけではありませんが
当然、画質や音質などが悪くなったり、色々が不安定になり、最悪の場合は落ちます。
プラットフォームによっては事前にテストがあり、推奨スピードを満たしていないと
契約さえしてもらえないところもありますので回線速度には気を付けましょう。

それと最後に専有回線か共有回線か?も忘れずに確認してください。
それなりの回線であっても、他と共同で使っている場合、
時間帯によっては渋滞して車が流れなくなってしまうことがあるということです。
逆に占有で貸切ならば、1車線でもスイスイ通れる事もあります。
2021.05.14

なんでこんなに安く出来るのか?料金設定の話

お客様からよく言われます。
「良心的過ぎません?」

社員たちからよく言われます。
「安過ぎじゃないですか?」

自分でもよく思います。
「失敗したなあ…」

そもそも私が舞台撮影や配信に特化したブランド「ステージ・アップ」を立ち上げたのは
予算がない中で頑張って活動している方たちと絡みたかったからw
潤沢に予算持ってる方なんてホンの一部。
ほとんどの方は手弁当で頑張ってる。
観客半分にしてくださいって、採算取れるわけがない。

実際自分が舞台やろうってなったらいくら出せるか?って考えた時に
私は「まあ無理だろうけど10万円以下にしたいな」って。

コロナなんて言葉を聞くちょっと前、私は各社の相場を知るために
様々なサイトを渡り歩いてみました。
すると意外にも?私が思っていたよりも安いところがたくさんあったんです!
「12万〜」とか。
え?っと思って詳しく聞いてみると…
追加、追加、追加、で、結局いい値段じゃん!って。
昔のおもちゃみたいなもので、「電池は別売りです」って
電池なかったら動かないだろ!みたいな感じの衝撃を覚えました。
結局、この「〜」ってのが曲者なんです。

そこで私は完全パック料金というシステムにこだわりました。
極力追加料金が発生しない明瞭な料金体系。
映像の世界では非常に難しいことは百も承知でした。
でもなんとか「10万を切りたい、しかも消費税込みで!」色々な先輩方、取引先の方にも相談し、
クオリティーを落とさずにコストカットする方法を模索しました。
そして99,000円(税込)というプランを打ち立てたのです。

あまり詳しくは書けませんが
とかく映像業界というのはグレーゾーンが多く、明確な相場が見えないのですが、
例えるならば30年前のホームページの見積もりみたいなものかと。
「オイオイなんかどこの会社もホームページってものを作ってるらしい。」
「へ〜、うちも作らないとなあ、でも一体いくらすんの?」
「見積もりとってみようか」って3社に聞いたら
30万、100万、300万って出て来てビックリしたということがありましたが
難しい専門用語とか並べられてもそれが妥当なのか?見当もつかない。
はあ、そんなもんなのかあと納得しそうになるが、ちょっと待ってください!
ぶっちゃけ言い値で、ほとんどが人件費とか手間賃なのでは?

その打ち合わせ、3人必要ですか?(分業制だから)
そんなデカイカメラ必要ですか?(見栄えがいいから)
弁当えらい余ってません?(予備で多めに)
電車で移動出来ませんか?(めんどくさいから)
そんな常識を見直すだけで削れるコストってたくさんあります。

お陰様でスタートから1年弱、たくさんのお客様から反響をいただき
次回や来年のご予約もいただいております。

先日、以前に拝見していた他社さんのページを見に行くと
軒並み「99,000円〜!」って文字が並んでてちょっと笑ってしまいましたが
ステージ・アップには「〜」はありません!
2021.05.14

3分でわかる映像ミニ知識Q&A
<配信編>1、プラットフォームって何?

この度HPリニューアルにあたって、WEBディレクターの方に素晴らしい機能をたくさん
つけていただいたので、こちらでは映像に興味をお持ちの方に
*知っているとちょっとだけ便利なことをわかりやすくお伝えしていこうと思います。
*プロや詳しい方には物足りなかったり、ざっくりしすぎた表現になる部分が多々あるかと思いますが
 あくまでもわかりやすさを第一にして参りますのでご容赦ください。
*ご質問やご意見は問い合わせフォームよりお願いいたします。


まず、「配信をしたいのですが」というお問い合わせをいただいた時に、真っ先に伺うのが
「プラットフォームはお決まりですか?」ということです。

これは要するにYouTubeとかFacebookとかツイキャスとか、
各社が提供している配信サービスのどこを使いますか?ってことです。
これが実はビックリするほどたくさんありまして、
料金体系からシステムまで多種多様なのでいきなりここでつまづく方も多いです。

じゃあどうやって決めるか?ですが、注目すべきポイントを一点に絞ってみました。

ズバリ!有料配信か無料配信か?
 無観客開催や動員数の制限によって減った収益を配信でカバーしたい!というお客様は多いです。
 その際に、チケットをどうやって販売し、売り上げをどう回収するか?が問題になってきます。
 以前ですと、プラットフォームを利用するにあたって先に登録料や年会費などの名目で
 10万円前後のお金を要求するところもありましたが、無料で使えるところがたくさんあるので。。。
 
 最近はチケット販売と管理が出来る機能が付いたプラットフォームが増えています。
 概ねチケット代の8〜10%の手数料を払えばOKというところが多いようです。
 またはTIGET や、ぴあのような電子チケット屋さんを使えば
 ほとんどのプラットフォームに対応しています。
 逆にYouTubeなどはスーパーチャット(いわゆる投げ銭)的な機能で、手数料も結構お高いので
 チケットを売るという発想での有料配信には向いていないかもしれません。

他にも検討すべきポイントはいくつかありますが
ぶっちゃけ音質や画質で選ぶ必要はないと私個人は思います。
各社それなりのクオリティーはありますし
配信の場合、視聴者側の環境要素も大きいので。
もちろんこだわりをお持ちの方は吟味していただいて、
あとはもう本当にお好みや使いやすさで決めてよいと思います。
 
今回は以上です。3分に収まったでしょうか?w
今後も出来るだけ更新して参りますのでよろしくお願いいたします。
質問なども受け付けております。
2021.05.01

株式会社クリエのHPリニューアル

株式会社クリエのホームページリニューアルオープン致しました。
インスタグラムとの連動や映像に関するブログ機能もつきましたので
今後ともよろしくお願い致します!